本当に人は気づいていないものなんだ

こんにちは!グレねこです!

余計な一言を言う人っていますよね。

普通、それは言わないだろーっていうこと。

例えば、お通夜の席で、

「医療ミスだったんでしょ?」

とかって言っちゃう人。

例えば落ち込んでいる人に向かって、

「バチが当たったんじゃない?」

と言っちゃう人。

おいおい、それは思ってもいけないことだし、思ったとしても言わないよーってことを言っちゃう人。

そういう人って、その言葉が言うべきことじゃないってわかってても、つい言っちゃうのかと思っていました。

スポンサーリンク

本当に気づいていなかった

しかーし、一言多い、人の気に障ることを言っちゃう人って、全然気づいていないみたいなのです。

ある人(仮にA子とする)に「あなたのことをみんなが嫌っている」と言われたことがあります。

みんなって誰よ?

と思いました。

たぶん思いつくのは、そこの人間関係に関わる2人くらいでした。

私はその時、落ち込んでいた時期だったので、ショックを受けてしまいました。

そしてそのことを信頼できる人に相談しました。

私が嫌われていないことに驚かれる

相談相手はやさしい人で、慰めてくれたり、励ましてくれたりしました。

そしてその関係の人たちが集まるイベントで、私に普通に声をかけてくる人たちがいることに驚いていました。

そうです、別に私はみんなから嫌われてはいなかったのです。

「驚きましたよ~、仲間がたくさんいるじゃないですか」

はい。本当に。みんなが私を嫌っているというのがA子の思い込みで良かったです。

では、なぜA子は、そんな嘘を私に言ったのでしょうか?

私のことが嫌いで、意地悪な気持ちからだったのでしょうか?

本人が明るく声をかけてくる

ところが会場で会ったA子は、

「久しぶりですね~」

と明るく声をかけてきました。

マジか! あんなひどいこと言っといて、傷つけちゃったかなとか思っていないのか?

はい、A子はたぶん傷つけちゃって悪かったとは思っていません。

むしろ「みんなが言いにくいことを言ってあげた」くらいの、良いことをした気分になっていたものと思われます。

でないと、平気で声をかけて来るなんてありえない。

A子は裏があるような複雑な性格でもないですし。

しかし悪気なく、言うべきことじゃないことを言っといて、気づいていない人って本当にいるんですね。。

でも今のところ、二度とA子には関わりたくないです。

管理人:グレねこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする