「デミアン」ヘルマン・ヘッセ より

私たちがただひとつの義務として感じでいることは

私たちのめいめいが全く自分自身になり

自分の中に働いている自然の芽生えを完全に正しく遇し

その心にかなうように生き

不確実な未来がもたらすいっさいのものに対して

準備しておくようにすることだった。

**************

「振り返ってたずねてごらんなさい

自分の道はそれほど困難だったか

ただ困難なばかりだったか

同時に美しくはなかったか

自分はより美しい、より楽な道を知っていただろうか、と」

(中略)

「例の夢がくるまでは困難でした」

(中略)

「人は自分の夢を見出さねばなりません

そうすれば道は容易になります

でもたえず続く夢というのはありません

どんな夢でも新しい夢にかえられます

どんな夢でも固執しようとしてはなりません」

(中略)

「その夢があなたの運命であるあいだは

あなたは夢に忠実であらねばなりません」

(中略)

「あなたの運命はあなたを愛しています

あなたがたえず忠実であれば

夢に見るような運命が

いつかは完全にあなたのものになるでしょう」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする